2010年03月04日

ヤンキー先生、北教組の「ひどい実態」暴露(産経新聞)

 かつて北海道の私立高校で教(きよう)鞭(べん)をとった「ヤンキー先生」こと、自民党の義家弘介参院議員が3日の参院予算委員会で質問に立ち、幹部逮捕で揺れる北海道教職員組合(北教組)の実態や、北教組を含め日本教職員組合(日教組)の支援を受ける民主党の姿勢を激しく追及した。

 義家氏は、現職教員の証言として、支援者集めのノルマを課されて組織的に民主党の選挙運動を支援していることを指摘し、「生徒と真っすぐ向き合いたい先生が選挙にかり出される」と非難した。

 さらに今年1月に北教組の支部が作成した「日の丸・君が代強制」反対に向けた内部文書を示し、校長への抵抗の方法や、「強制」された場合の超過勤務拒否といった「裏マニュアル」の存在を暴露。平成18年に民主党の輿石(こしいし)東参院議員会長を支援する山梨県教職員組合幹部が政治資金規正法違反罪で略式起訴され停職処分になったが、昨春、小学校教頭に就任した例も紹介した。

 義家氏の「波状攻撃」に鳩山由紀夫首相もタジタジ。「偏向した考え方を変えないとか、違法行為があることは許されない」と答弁せざるを得なかった。

【関連記事】
北教組まるで売国奴、とんでも偏向教育「竹島は韓国領土」
民主・小林議員、辞職必至も補選にらみ“牛歩戦術”か
北教組事件「改正で事件防げた」 文科相「特例法見直し、慎重に検討」
「小林氏への報告は形式」 北教組幹部が札幌地検に供述
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

津波 太平洋側では交通マヒ 休日の観光施設にも影響(毎日新聞)
宝塚音楽学校 第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式(毎日新聞)
男児暴行死の父、強盗事件で逮捕=880万円奪った疑い−静岡県警(時事通信)
ジャック・バルバロッサ・バンコラン
<絹谷幸二賞>大谷有花氏に決まる 奨励賞は小沢さかえ氏(毎日新聞)
posted by アリマ ミチコ at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。