2010年04月13日

無料化効果は1500億円=時間短縮、燃料費節約で−馬淵国交副大臣(時事通信)

 馬淵澄夫国土交通副大臣は12日の記者会見で、6月から高速道路の一部を無料化する社会実験によってドライバーが受ける便益は年間約1500億円に上るとの試算結果を明らかにした。2010年度予算で無料化に投じられる予算は1000億円のため、試算上は一定の費用対効果が生まれると確認されたことになる。
 無料化実験は、10年度は地方を中心とした37路線50区間が対象。国交省によると、一般道から無料となる高速道路に乗り換える自動車の走行時間の短縮や、燃料費の節約などで年間約1500億円の便益が生まれるという。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
〔用語解説〕「高速道路の無料化」
新高速料金「支離滅裂」=共産・市田氏

銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通(産経新聞)
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判−釧路地裁
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)
posted by アリマ ミチコ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。